ソフトバンク アイホンについて

ソフトバンク アイホンがついに7月11日に発売されました。ソフトバンク アイホンの在庫がいっせいになくなり、追加予約が殺到している状況のようです。空前のソフトバンクのアイホンブームになりましたが、このiPhone 3Gの注目の価格をご紹介しましょう。保存量の容量の大きさの差によって値段設定をされていまして、容量が8Gのものと16Gのものと2機種に分かれ、それぞれ2万3040円(8G)、3万4560円(16G)となっています。このアイホン3G(iPhone 3G)はこれまでのスマートフォンと呼ばれる電話のすべての機能を兼ね備えていると言われています。アメリカで昨年6月に発売されたものより、通信速度が何倍も速くなり、3Gネットワーク機能と呼ばれる最新機能や、GPSなどの位置情報を使ったサービスも装備されています。タッチパネル方式の新しい操作間隔とオシャレなデザイン、そして、圧倒的シェアを誇るiPodなどの機能が付いているのが最大の魅力です。この最強のモバイルを手に入れたsoftbankの孫正義社長は「アップルとパートナーを組む機会が得られたことを喜ばしく思います。iPhoneを販売することは、インターネットと携帯の融合を革新的に進めるアップルとソフトバンクモバイルのビジョンが一致することであり、胸が躍る思いです。世界中で熱狂的に受け入れられているiPhoneは、日本のお客様にも必ずご満足していただけると確信しています。」と熱いコメントを発表しています。また、アメリカ・アップル社の最高執行責任者であるティム・クック氏も次のようなコメントを述べています。「世界で最も進んだモバイル市場の1つである日本でソフトバンク社とパートナーを組み、来月iPhone 3Gを立ち上げることに大きな期待を寄せています。iPhone 3Gは素晴らしい製品で、私たち同様、日本のお客様がiPhone 3Gを気に入っていただけるものと考えています」。このように世界のアップルと日本の巨人ソフトバンクによる最強タッグで販売されるこのアイホンは、日本の携帯市場にどのような影響を与えるのか、この夏、アイホンから目が離せませんね。

ソフトバンク アイホンの料金プランとワンセグについて

いいことばかり目に付くこのアイホンですが、なにひとつ弱点がないのでしょうか?実は、いくつか使用する上で気をつけておきたいところがあるので、ここでご紹介しておきましょう。まず、これまでのソフトバンク携帯のユーザーが同じ料金プランで機種変更のようにして使えるかどうかは、実はまだはっきりしておりません。業界関係者の予想では、アイホン(iPhone)専用の料金プランに変更するなどの条件がつくようだ、とも言われております。どちらにしても販売価格が予想以上に安く設定されたいた分、月額使用料金でまかなおうという値段設定のようで、最低でも月額使用料7000円を超えると予想されています。
もうひとつ、ソフトバンクの代名詞でもあったアクオスケータイなどについているワンセグの機能が、実はこのアイホン(iPhone 3g)にはついていないそうです。ほかにも、日本人の生活にようやく定着しはじめた「お財布ケータイ」などの支払い機能もついてないとも言われています。これらの意外な盲点は表立っては言われていませんので、よく確認したうえで購入されることをおすすめします。とはいっても、このアイホンは次世代を見据えた革命的な携帯電話であることには間違いありません。このあたりの問題もすぐに解決されることでしょう。この夏、ソフトバンクのアイホンの嵐が日本の携帯市場の台風の目となるか、みなさんも注目していきましょう。