フリードの値引きについて

フリードの値引きについて知りたいあなた!ずばり世界最小の本格ミニバン「ホンダ フリード」を今すぐにでも手に入れたいとお考えですね!それは無理もありません、FREEDの評価は業界内でもかなり高く、「サイコーにちょうどいいHONDA!」とテレビCMで言われていますが、大きさといい、使い勝手といい本当にちょうどいいです。しかも大人6人がミニバンに乗って、窮屈に感じない車は、実はそうありませんからね。ミニバンなのにコンパクト。ガソリン高のこの不景気に、燃費がいいのは必須です。この新しいコンセプトが、今の時代にうけたようですね。現時点で、このコンセプトではFREEDに競合がいないという点で評価が高くなっていると言えます。と同時に、値引きも厳しいという現実もありますが・・・。この本田のフリードの前身は、モビリオです。当時世界最小ミニバンと言われたモビリオの後継者としてこのたび誕生しました。同クラスとされるシエンタやキューブキュービックより大きいですが、このHONDA FREEDは世界最小の8シーターのミニバンとも言えるのです。さて、ホンダにとってはフィットに続く大ヒットとなるか、注目が集まりますが、実際にホンダのディーラーへ足を運んでいろいろと値引きについて直接担当の方に聞いてまいりました。また試乗もしてきたのでその時の模様をレポートしていきましょう。

フリードの値引きはいくらまでいける?

今、ホンダのフリードに限らず新型車の値引きについてはかなり厳しくなっています。一昔前のように●●●万っていうのはありえない時代です。インターネットや雑誌を調べてみるとFREEDの値引きについてはまちまちで、全国平均が5万というサイトもあれば、11万〜15万が平均的っていう回答も多かったです。確かにグレードによってフリードの値段も違うのでいちがいには言えないと思います。FREEDは一番安いグレードFLEXという5人乗り仕様のもので、FFで163.80万、4WDで189万です。一番高いグレードのGiエアロのFFで225.75万です。私が今欲しいのは、7人乗りの一番高いグレードであるGiエアロなので、この車種について私が本田のディーラーに行って、直接いろいろ聞いてみたことレポートしますね。でも、フリードの値引き(フリードに限らずですが)って、担当の営業マンによって結構変わりますよね。私はいつも、「一番詳しくてえらい人を呼んでください」っていいます(笑)。これが結構値引きには重要なポイントです。このHONDAのえらい人に聞いてみました。「このフリードの一番いいグレードのGiエアロで総額いくらになりますか?」「税金・必要装備など全部含めた総額だと・・・こみこみで280万ですね、値引きはほとんどできません。今日決めてもらえるんなら10万までならなんとかしますよ」・・・これは手強そう、と思いながら粘って粘って2時間、他社の同クラスのものも検討しているといいながらみっちり交渉した結果、「25万が限界です・・・」とようやくここまで辿り着いた。本当にこれが限界のようだったので、試乗をしてみて即決しました。試乗をした感想は、走り自体は可もなく不可もなくといった感じだったが、デザインとホンダファンである私には申し分なかった。納車まで大体1ヶ月待ちという状況ですよ。ああ、はやくマイ「FREED」よ、やってこい!以上、「フリード値引きレポート」でした。